[CentOS7][nginx][PHP7.3]Laravelをインストールしてみた。

いくつか躓いたので手順を残しておく。

既に運用済みのドメイン配下のディレクトリhogeで動作するようにした。

まずは必要なライブラリのインストール

yum -y install --enablerepo=remi,remi-php73 php-devel php-pecl-zip

composerのインストール

php -r "copy('https://getcomposer.org/installer', 'composer-setup.php');"
php composer-setup.php 
php -r "unlink('composer-setup.php');"
mv composer.phar /usr/local/bin/composer
composer global require "laravel/installer=~1.1"

nginxの設定

location ^~ /hoge{
    alias /var/www/hoge/public;
    try_files $uri $uri/ @laravel;
    index index.php;

    location ~ \.php$ {
        fastcgi_split_path_info ^(.+\.php)(/.+)$;
        fastcgi_pass 127.0.0.1:9000;
        include fastcgi_params;
        fastcgi_param SCRIPT_FILENAME /var/www/hoge/public/index.php;
    }
}
    
location @laravel {
    rewrite /hoge/(.*)$ /hoge/index.php?/$1 last;
}

 

Laravelのインストール

~/.config/composer/vendor/bin/laravel new hoge
chown -R nginx:nginx hogehoge
systemctl restart nginx

Laravelの設定

vim /var/www/hogehoge/.env

APP_KEYに32桁のランダムな文字列を設定

その他環境に応じて設定

ブラウザでアクセスしてLaravelの画面が表示できたら成功。

[CentOS7][Nginx][PHP]7.3をインストール

WordPressで推奨されるPHPのバージョンが7.3以上だったので重い腰を上げてバージョンアップをした。

PHPを全部削除

yum remove php*

7.3をインストール

yum -y --enablerepo=remi-php73,epel install php-fpm php-gd php-gmp php-mbstring php-mcrypt php-opcache php-pdo php-pear-MDB2-Driver-mysqli php-pecl-memcached php-pecl-msgpack php-xml

実行ユーザーがデフォルトだとapacheなのでnginxへ変更

vim /etc/php-fpm.d/www.conf
-user = apache
+user = nginx

-group = apache
+group = nginx

php-fpmを再起動および、バージョンの確認

systemctl restart php-fpm
php -v

ここまでで問題なければ終了。

中国からのSSH接続がうざいので・・・SSHアクセスを鍵認証へ変更しrootログイン禁止に

手順① キーペアを作成

当方の環境ではpoderosaでSSH接続している。

新しいキーペアを作成し保存。

手順② 公開鍵をサーバーへ設置

cd
mkdir .ssh
chmod 700 .ssh
cd .ssh
vim authorized_keys

公開鍵をauthorized_keysへ保存

chmod 600 authorized_keys

手順③ SSH接続を鍵認証へ変更

sshd_configを修正

vim /etc/ssh/sshd_config

鍵認証を許可する。

PubkeyAuthentication yes

sshd再起動

systemctl restart sshd

秘密鍵を指定してssh接続を試す。

成功したら追加で、rootログインとパスワードログインを禁止する。

PermitRootLogin no
PasswordAuthentication no

sshd再起動

systemctl restart sshd

[CentOS7]ファイルサーバーを設置

手順

インストール

yum install samba samba-client samba-common
vim /etc/samba/smb.conf

ゲストユーザーでのアクセスを許容する設定

[global]
workgroup = WORKGROUP
server string = Samba Server %v
netbios name = centos7
security = user
map to guest = bad user
dns proxy = no
#==========================================================
[SDA]
path = /mnt/sda/
browsable =yes
writable = yes
guest ok = yes
read only = no

起動及び常駐

chmod -R 0777 /mnt
chown -R nobody:nobody /mnt

systemctl start smb
systemctl start nmb
systemctl enable smb
systemctl enable nmb

Windows7での表示例

[CentOS7]リモートデスクトップ接続

手順① GUIインターフェースの導入

yum groups install "GNOME desktop"
systemctl set-default graphical.target
reboot

手順② xrdpの導入

yum install epel-release
yum install xrdp tigervnc-server
firewall-cmd --permanent --zone=public --add-port=3389/tcp
firewall-cmd --reload
systemctl start xrdp
systemctl enable xrdp

WindowsのPCで普通にリモートデスクトップ接続